肝臓に良いサプリの選び方のポイント!

肝臓の働きが悪くなると、

  • 疲れやすい、疲れが溜まりやすい
  • 眠気がひどかったり、眠れない
  • 憂鬱な気分が続きやる気が出ない

 

などの症状が続き、肝機能の低下を放置すると脂肪肝・肝炎などの肝臓病を患う原因となります。一度肝臓病を抱えると完治は難しいため、肝臓疲れを感じたら肝臓を労わる対策を始めましょう。

 

肝臓が喜ぶ栄養をあげるためにサプリがおすすめ

 

肝臓サプリの選び方のポイントは、有効成分が含まれるか、余計な成分が入っていないか、などが重要になります。肝臓は体内に取り込んだ物の代謝を行うため、できる限り負担が少なく、肝臓の働きを助ける栄養を摂りましょう。当サイトはそんな肝臓に効果的な成分を含んだサプリをランキングにまとめました。どうぞ参考にしてください。

 

肝臓サプリランキング

きなりの特徴

きなりは、脂肪肝対策に効果的なDHA・EPAを配合したサプリメントになります。青魚に多く含まれるDHA・EPAは、肝臓に溜まると脂肪肝の原因となる中性脂肪の排出に役立つ成分になります。また、そのDHA・EPAの働きを良くするために、アスタキサンチンという抗酸化成分も配合しており、含まれる成分バランス、実感力に長けたサプリメントとなっています。

価格 1980円
評価 評価5
備考 DHA・EPA・クリルオイル・アスタキサンチン・ナットウキナーゼ

 

レバリズム-Lの特徴

レバリズム-Lは、長い年月をかけて見つけた国産の厳選素材(しじみ・牡蠣)の栄養を凝縮したサプリメントになります。しじみ・牡蠣どちらも肝臓の働きをサポートする栄養がたくさん含まれています。さらに、解毒作用を高めるシスチン、体の健康を支えるビタミンB2・Eなども含まれ、肝臓の健康をしっかり守るサプリメントに仕上がっています。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 しじみエキス・牡蠣エキス・スクワレンなど

 

肝パワーEプラスの特徴

肝パワーEプラスは、発売開始以来20年以上に渡り売れ続ける肝臓サプリメントになります。肝臓に良い成分が豊富に含まれた国産の素材をふんだんに使用しています。中でも牡蠣はタウリン・亜鉛・グリコーゲンなどの肝機能の改善に効果的な栄養を持ち、肝パワーEプラスにたっぷりと凝縮されています。今なら当サイトよりお試し980円の購入が可能です。

価格 980円
評価 評価4
備考 牡蠣・にんにく・南高梅など

 

肝臓疾患は初期症状がわかりにくい!

 

肝臓疾患は初期症状を見逃しがちですが、肝臓が弱っている場合、身体面で様々な症状が出てきます。これらの症状を見逃さず、肝臓疾患に繋がらないよう未然に防ぐことが大切です。以下に当てはまる方は注意をしましょう。

 

肝臓弱体化のセルフチェック方法

 

肝臓が弱っている方は六つの症状が出ます。

 

一つ目が、睡眠時間が十分なのに目覚めが悪いという方です。肝臓は睡眠中も働き、解毒を行っています。しかし、睡眠中に解毒ができず老廃物が身体に貯まっている場合、身体は疲労という形で症状が出ます。

 

二つ目が、重度の眠気です。特に昼食後、仕事ができないほどの眠気に襲われた場合、肝臓が弱っている場合がありあます。

 

三つ目が、肩こりや首こりです。肝臓の機能が低下すると、同時に筋肉の収縮力が低下し、硬直しやすくなります。筋肉が硬直すると肩こりや首こりが出やすくなります。またぎっくり腰や関節痛、右肩のつりや足のつりも起こりやすくなります。

 

四つ目が、やる気の低下です。肝臓は別名「怒りの臓器」と呼ばれており、何らかの異常があると精神的にも不安定になり、やる気の低下やイライラが起こります。

 

五つ目が、油物が食べられなくなるという方です。肝臓機能が低下している場合、脂肪の分解が上手く行われません。そのため自然と油物を敬遠しがちになり、食べても調子が悪くなるなどの症状が出ます。

 

六つ目が頻繁なゲップです。体内でガスが上手に抜けず、腸に貯まると逆流しゲップが出やすくなります。

 

弱体化した肝臓の対策方法

 

まず、普段の食生活を見直し、食べ過ぎないようにしましょう。肝臓に負担をかけないように、野菜中心の食生活にし、その中でも肝臓機能を上昇させるしじみや大豆製品を積極的に取り入れるようにしましょう。

 

肝臓を温めてあげることで、血行を促進し肝臓機能を上昇させることができます。肝臓がある右腹部をホットタオルで温めたり、半身浴で十分に身体を温めると効果があります。

 

また、睡眠の質を上げることで肝臓を若返らせることができます。毎日の寝る時間と起きる時間を決め、なるべくその時間通りに行動することで睡眠の質を上げることができます。また、睡眠前に身体をほぐしたりハーブティーの持つ鎮静効果で精神を落ち着かせつことも効果的です。

 

肝臓のために摂るサプリ成分は?

 

体内に入った様々な毒物を分解・排出するために働いている肝臓は、若いうちから大事にしておきたい臓器の1つです。現代人は、紫外線や食品添加物、大気汚染など、様々な毒物に侵されることが多いため、肝臓も休む暇がありません。

 

そこで、肝臓をサポートしてくれる成分をサプリで摂取することが注目されています。例えば、スルフォラファンはブロッコリーや大根などアブラナ科の野菜に多く含まれる辛み成分で、肝機能を高める働きがあるといわれています。

 

肝機能の異常数値を低下させたとの研究データもあり、スルフォラファンのサプリも注目され始めているのです。

 

しじみエキスや牡蠣エキスも、昔から肝臓によいとされてきた成分を含んでいます。しじみにはオルニチンやタウリンなどのアミノ酸が豊富で、肝機能を助けてくれます。また、しじみの糖質はグリコーゲンが主なことから、肝機能の疲労回復に役立つといわれているのです。

 

海のミルクと呼ばれるほど栄養豊富な牡蠣にも、タウリンが多く含まれています。タウリンの働きで肝機能が高まり、中性脂肪やコレステロールをコントロールすることも可能です。

 

肝臓を壊さないサプリの選び方、注意点

 

4分の1だけ残して切り取っても機能するといわれるほど、肝臓は丈夫な臓器だといわれます。だからといって、無理を強いるのは肝臓のためになりません。

 

初期の頃には自覚症状が乏しい肝機能障害は、日々の積み重ねから発症するといっても過言ではないでしょう。栄養成分の塊であるサプリメントも、油断はできません。というのも、サプリメントによっては添加物が多く含まれていたり、化学成分を合成した仕上げだったりするからです。

 

栄養成分的には同じ種類でも、化学物質のみを合成したサプリメントと天然由来の成分から作ったサプリメントとでは、吸収力や効果などに違いがあるといいます。なるべくなら、天然の植物などから抽出した成分を使ったサプリメントを選んだほうが、肝臓に負担をかけずに済むでしょう。

 

ダメにならない肝臓サプリの飲み方

 

肝臓サプリを効果的に活用するには、飲み方に注意する必要があります。サプリメントは薬ではありませんが、だからといって飲み過ぎはよくありません。食品でも、食べ過ぎるとお腹を壊したりするのと一緒です。メーカーが推奨している摂取量を守るようにし、飲むタイミングも毎日大体同じ時間帯に決めておくとよいでしょう。

 

肝臓の強化に繋がる3ポイント

 

丈夫だといわれる肝臓がなぜ弱ってしまうのかといえば、現代では毎日のようにお酒を飲んだり食品添加物を口にしたりすることが当たり前になっているからです。

 

糖分や脂肪分はエネルギーとしてすぐに使われなければ、体脂肪として肝臓に蓄積されます。脂肪がどんどんたまってくれば脂肪肝になってしまうこともありますし、そこまでいかずともいつもお腹いっぱいになるまで食べているだけでも肝臓の負担が重くなります。

 

食べ過ぎに加えてお酒を飲んでいる人は、さらに肝臓を傷めつけているようなものです。お酒を飲むとアルコールの解毒をいち早くしようとして、肝臓が食べ物の分解を休んでアルコールの分解を優先します。食べ過ぎも飲み過ぎも、肝臓を弱らせる一因になってしまうでしょう。

 

食品添加物なんて気にしていたらキリがないという人もいますが、添加物は体内では毒物として扱われます。肝臓が解毒してくれますが、添加物が多い食品ばかり食べていてはそのうち肝臓がまいってしまうでしょう。

 

睡眠も、肝臓を強化させるのに重要です。肝臓は、必要とされるときに脂肪をエネルギーに変換して送り出します。つまり、あまり睡眠をとらない人は、肝臓を休ませてあげる時間も少ないわけです。毎日しっかり睡眠をとって、肝臓をいたわりながら過ごすようにしましょう。

更新履歴